【離婚弁護士】~法律事務所ランキング~

TOP > 弁護士情報 > トラブル時には頼りになる離婚弁護士

トラブル時には頼りになる離婚弁護士

 世の中には、離婚弁護士という人たちが存在しています。彼らは、主に離婚訴訟を取り扱っている弁護士のことで、離婚時の泥沼を避けるためには大きな助けになってくれる人たちです。離婚という行為には、様々なルールがあります
 。財産分与や親権の問題など、非常に複雑な法律知識を求められるケースも多いです。トラブルになることが多々あるので、そうしたときにはこの離婚弁護士に相談をすると問題が解決しやすくなります。離婚調停だけで済ませる場合にも、一応は弁護士を雇っておくのが好ましいです。
 そのほうが法的手続きにミスが生まれにくくなりますし、見落としもなくなります。きちんと財産分与も済ませられますし、慰謝料も納得いくだけもらえることでしょう。
 もちろん、離婚が裁判に突入したときにも役立ってくれます。離婚は精神的にハードなことですが、弁護士さんとタッグを組めば乗り越えやすいはずです。


現代では離婚弁護士という生き方も選べる

 最近は弁護士も仕事が得にくくなってきています。ロースクール制度が始まってからというもの、次々と新人の弁護士が登場してくるからです。弁護士の数が飽和状態に近くなっているという指摘がされ始めているのが現状です。
 しかし、近年は離婚訴訟が多くなってきているという事実もあります。離婚訴訟件数は、民事トラブルの中でもトップレベルですから、この離婚訴訟を主な舞台として選ぶ弁護士の先生も増えてきています。大きな財産が移動をする可能性もあるのが離婚訴訟です。慰謝料の額も一般的に三百万円程度とそれほど低くはありません。
 少額訴訟の範囲を超えているので、弁護士としても稼ぎやすいフィールドなわけです。このジャンルに特化するというのは、一つの生き残り策としても悪くないでしょう。離婚弁護士として、離婚訴訟のみで年収一千万円を超える人も少なくはありません。


離婚弁護士に依頼することの長所

 離婚は身近な問題の一つであり、それを行う理由にはドメスティックバイオレンスや性格が合わないことなどが列挙されています。その調停において、離婚弁護士に相談する方法がありますが、これには次のような長所が存在しています。
 まずはスピーディーに解決することができるという点が挙がっていて、調停の回数も少なくなります。なかなか相手側が離婚しようとしない場合でも、依頼者が相応であるとする根拠を述べてくれるところもお得だと言えます。
 次に相手側に落ち度があることを証明できる資料を入手できる可能性が高いという点も挙げられていて、証拠がはっきりすれば慰謝料が上がることがあります。調停には様々な書類が必須になりますが、依頼すると弁護士が行ってくれるのでその分手間が掛からなくて済みます。
 費用は掛かりますが、以上のようなところから離婚弁護士に依頼しておいて損はないと言えます。

次の記事へ