【離婚弁護士】~法律事務所ランキング~

TOP > 弁護士情報 > 慰謝料や養育費なら離婚弁護士に相談

慰謝料や養育費なら離婚弁護士に相談

 慰謝料や養育費の相談なら、離婚弁護士に相談しましょう。夫婦だけで結論を出すと、お子さんの養育費や慰謝料について納得できないまま話がすすみます。専門家に相談することで、相場がわかるとともに確実に相手から慰謝料や養育費をもらえるようにすすめます。法律のことや、将来のことも知っておいたほうがいいこともアドバイスをしてくれます。子供のことを考えて、しっかりと決めておくことが必要なことも多いです。離婚弁護士を探すのなら、ネットでも検索ができます。初回無料で相談できるサービスもあるので、利用してみましょう。
別れることを決める前に、メリットだけでなく、デメリットもきちんとお話してくれます。状況に応じ、多角的な方面からアドバイスがもらえます。サービスでは、最初はネットを使っての、メール相談ができるところもあります。


離婚弁護士なら法律的な見解で話し合える

 離婚をするとき、まずは協議離婚を目指します。夫婦間で話し合って決める方法です。合意できれば離婚届けにサインをして印を押すだけになります。しかし、話し合いで解決できないこともあります。慰謝料や親権の問題などもあるでしょう。
もし、協議離婚が成立しないのであれば、離婚弁護士に相談するようにします。協議ができなければ将来的には裁判所を利用する可能性が出てきます。調停などを経て、裁判で決めることもあります。どの場合にも法律的な見解が出てきます。協議離婚の場合は、特に法的な知識は必要ありません。お互いの感情のみで話し合いができました。しかし法律の知識が必要になると、専門家についてもらわないと決定事項の内容などに納得できないことも出てきます。また、自分の主張を法的に訴えるためにも、専門家に相談するのが得策といえます。


離婚弁護士を利用すれば有利に調停が可能

 離婚をするとき、話し合いで行えない場合には調停を利用します。これは双方が裁判所に出向いて行う方法です。双方といっても一緒に行うのではなく、別々に行います。調停委員と呼ばれる人がいるので、その人にいろいろな質問をされます。それらの答弁から解決策の提案がされます。調停員は、世間一般的な見解から最もいい意見を述べてくれます。もちろんそれを利用するしないは自由になります。
調停の内容に納得できなければ裁判となりますが、よほどのことがない限り大きな変化は見られません。いかに調停で有利に進めるかが大事になります。離婚弁護士であれば、調停が有利に進むようなテクニックを持ってくれています。弁護士が一緒に来てくれるわけではないですが、どう答えたらいいかなどを事前に聞いておくことで、調停委員に自分に有利になるような提案を出してもらえるようになります。

次の記事へ